外科 手術件数   (2019年)

術式総件数鏡視下件数
食道・胃胃切(良性)20
胃切(悪性)127
全摘(良性)10
全摘(悪性)20
胃バイパス10
その他50
十二指腸・小腸切除(良性)40
大腸結腸切除(良性)160
結腸切除(悪性)3016
Miles’(良性)10
Miles’(悪性)21
その他262
肝切除40
その他10
胆・膵・脾胆摘(良性)5040
総胆管切石10
その他11
虫垂虫垂切除4342
肛門痔核・痔瘻10
ヘルニア鼠径3820
腹壁10
その他72
乳腺乳房切除(悪性)130
総計 262131

内視鏡外科手術

1990年、本邦で初めて腹腔鏡下胆嚢摘出術が施行されて以来、腹腔鏡下手術などの内視鏡外科手術は爆発的に普及し、胃や大腸など領域を拡大して行なわれています。従来のように大きくお腹を切らずに5-12mmの小さな穴をいくつか開けて行う方法で痛みが軽い、術後の回復が早い、早期の退院や社会復帰が可能、美容的に優れるなどの利点があります。当科でも1992年4月より導入し、既に1,000例以上の実績があります。最近では開腹手術と同等の手術が可能となり、患者さんにとっては大きなメリットになります。
当科では患者さんの体の負担をなるべく少なくするために、内視鏡手術を積極的に行っています。胆石症はもちろんのこと、胃癌の約70%、大腸癌の85%、急性虫垂炎ではほぼ100%近く腹腔鏡下に行われています。鼡径ヘルニアに対しても積極的に腹腔鏡下手術を導入しています。
当院で行っている内視鏡外科手術は以下の如くです。

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下虫垂切除術、腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術
  • 腹腔鏡下結腸切除術、腹腔鏡下直腸切除・切断術、腹腔鏡下癒着剥離術
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除術、腹腔鏡下胃全摘術、腹腔鏡下胃部分切除術、腹腔鏡下胃腸吻合術
  • 腹腔鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術(LAPEG)
  • 胸腔鏡下食道切除術、胸腔鏡下肺部分切除術

在宅医療の支援として、CVリザーバーポート挿入や、内視鏡的胃瘻造設術(PEG)を行っています。

人間ドック健診センターや内科との連携により、胃癌、大腸癌などの早期発見に努めています。

当院では高気圧酸素療法(HBO)を行っております。癒着性腸閉塞や腸管虚血に対して効果があります。