仁医会の理念

VISON

すべての人に安心を
Rest Assured for Everyone.

仁医会グループは「すべての人に安心を与えられる」ようになりたい

MISSION

病院を変える、地域を変える
Change Hospital, Change Community

仁医会グループは「病院の既成概念を変え、健康で豊かな地域へ変えていく」という考え方が必要である

SPIRIT

「愛情・親切・丁寧」の実践

理事長ごあいさつ

予防・医療・介護・福祉の
トータルケアを目指します

理事長 医学博士
荒井 好範(あらい よしのり)

『すべての人に安心を』これが新しい仁医会グループのVISIONです。
VISIONとはあるべき姿、理想像のことです。病院とはどんなところでしょうか?『血圧が高いので薬をもらいに行く』『急におなかが痛くなり駆け込んだ』『頭をぶつけて血が出て、救急車で受診した』『会社の健診で行った』『腰の手術をしてもらった』など様々な病気や怪我、そして健康な方も病院を受診します。そして、医師、看護師をはじめ様々なスタッフがチームで診察、検査、治療などをします。
病院は、このように病気や怪我を治したり、検査をするところですが、その結果として、来られた方が、『病気がよくなってよかった』怪我が治ってよかった』『無事手術が終わってよかった』などほっとされ、『よかった』と安心される。
病院は安心をあたえるところ、来られた方にとっては安心をもらえるところでなくてはならないのです。
さらに病気や怪我になった人だけが来るところでなく、健康で元気な方も気軽に立ち寄れる場になって、『すべての人に安心を』が実現できます。

2021年2月、牧田総合病院は蒲田に新築移転しましたが、設計段階から『病院らしくない病院』をコンセプトにした、新しい病院です。グラフィックを多く使った待合や病棟、焼き立てパンを提供するカフェの併設、200人収容可能な講堂、スポーツジム『コナミ』と提携したマタニティービクスなど、すべての人が安心して集える場を提供します。
大森にはクリニックとして大森牧田クリニックの開設し、地域の方の健康を支えていきます。
また蒲田分院もリハビリテーション病棟を増床し、牧田リハビリテーション病院と改名し、リハビリテーションの機能を拡大します。仁医会グループ全体でプロジェクトを進行し、今以上にすべての方に安心を提供できるような病院にします。

グループシンボルマークも変更します。「医は仁術なり』と言う格言は「医は、人命を救う博愛の道である」ことを意味し、「仁」とは、「他人に対する親愛の情、優しさ」を意味しています。新しくなったシンボルマークは仁医会グループの「仁」の漢字をモチーフにデザインしました。

我々のVISIONは『すべての人に安心を』です。そして病院の既成概念を変え、健康で豊かな地域へ変えていき、『病院を変える、地域を変える』というMISSIONを実現していきます。

院長ごあいさつ

中核病院として地域の安全と安心に貢献し、皆さまの心のよりどころとなる開かれた病院へ

病院長 小谷 奉文

牧田総合病院は令和3年2月、大森から蒲田へ移転開院いたしました。
昭和17年初代牧田中院長が牧田医院として大森に開院し、昭和44年総合病院の認定を経て、平成22年より私が4代目病院長に就任し今日に至っておりますが、当院はこれまで約79年間区南部の地域医療に携わってまいりました。
老朽化および手狭であった旧病院では、患者様やご家族様などに大変ご不便をおかけしておりましたが、この度ようやく念願であった新病院が完成いたしました。
JRおよび東急蒲田駅より徒歩約5分、環状8号線にほぼ接しており、交通の便にも大変恵まれている立地です。
地上5階建ての主に外来棟と、救急・健診・入院棟である10階建ての二棟で、3階にて両棟は上空通路で接続されています。ベッド数も290床に増床いたしました。
これまで以上に地域における救急医療の拡充や、病院内に人間ドック・健診センターを入れることで予防医学と臨床とのスムースな連携、また幅広い診療科や種々専門外来の設置とともに、脳卒中センターや脳血管内治療センター、脊椎脊髄センター、消化器病センター、不整脈・失神センター、血液浄化センター、肛門病センター、高気圧酸素治療センターなど、診療体制も効率的で充実しております。

リハビリテーション部門も理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士が医師や看護師など多職種と連携しチーム医療をすすめるとともに、急性期医療がおわれば牧田リハビリテーション病院での在宅へ向けたさらなる訓練が受けられます。
産科も再開いたしました。大田区では出産の約半数が区外となっている現状もあり、住みなれた地域での出産をもっと可能にし、合わせてジャナス女性ケア外来の設置、マタニティビクスも始めています。
さらに地域の方々とのコミュニティの場として、200名ほど収容可能な「くすのきホール」の活用や、焼きたてのパンが食べられるカフェもオープンしました。
また大森地域の医療も継続のため、旧病院の隣接した場所に大森牧田クリニックを同時開院しました。7階建てのビルで、内科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科・リウマチ科の外来および外来透析、さらにCTやMRIなど検査もクリニック内で可能です。
さらに詳しい検査や入院治療などが必要であれば、蒲田の新病院と連携し医療を継続することができます。

中核病院として地域の安全と安心に貢献し、皆さまの心のよりどころとなる開かれた病院となり、区南部の医療を守っていきたいと考えております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。