当院での分娩希望の方へのお知らせ

現在、新型コロナウィルス感染症対策のため、立ち合い分娩・産前産後の面会を中止しています。
患者様やご家族様にはご迷惑やご不便をおかけしますが、皆様のご協力を宜しくお願い致します。

当院で分娩希望の妊婦さんへ

ご妊娠おめでとうございます。今どのようなお気持ちでいることでしょう。楽しみ?不安?わからない?色々な感情があるかと思います。お母さんと赤ちゃんが健康で安心してお過ごしできますように、スタッフ一同お手伝いをさせていただきます。
牧田総合病院 産婦人科スタッフ一同

受診の時期

  • ご妊娠の可能性がある方(妊娠反応検査薬で陽性が出たなど)は、お早めに一度ご受診ください。
  • 他院にて妊婦健診を受けている方は、ご予約の上、妊娠10週〜14週の間に1回、妊娠19週〜22週の間に1回、32週以降に受診していただけます。
    受診の際には、診療情報提供書をご持参くださいますようお願い致します。
  • 初めて受診をされる方は、受診当日に問診票を記載することも出来ますが、下記PDF問診票を印刷し、ご記入の上お持ち頂くとスムーズにご案内ができます。

受診の予約

  • 当院で診察、妊婦健診をご希望の妊婦さんは、ご予約後ご来院くださいますようお願い致します。(他院にて妊娠確認済みの場合は、予約時に妊娠週数、診療情報提供書をお持ちかどうか教えて下さい)
  • 分娩の予約は30週の時点で承っております。保証金として10万円をお預かりさせて頂きます。分娩の予約数の制限はしておりません。

​産科外来の特徴

女性に寄り添う助産師

当院では、助産師が外来から入院まで継続性のあるケアをすることを大切にしています。
充実した助産師外来、保健指導により、医師に話しにくい悩みや相談等も助産師にいつでも相談することが出来ます。どんなときも一人にしない穏やかなお産を可能にします。

助産師外来について

当院では、毎回の妊婦健診の後に、必ず助産師とお話しする時間を設けています(無料です)。
顔見知りの助産師を増やしていただくと、いざお産でご入院・・のときにも、初対面でドキドキ・・ということはなくなりますね。
助産師と妊婦さんが向き合い、お互いを知る時間をもつことは、ご安産のためにとても大切だと私たちは考えています。
本来、女性には、安産する力が備わっています。その力を、ご妊娠期間を通じて、しっかりと引き出していきましょう。
そのためのお手伝いを、私たち助産師にお任せください。

検査

当院は、4Dエコーを備えており、4D画像を見ることが出来ます(追加料金は頂いておりません)。
健診の際、エコーの様子をスマホなどで撮影希望される場合は、撮影前にお声掛けください。                              妊娠20週前後では、胎児精密超音波検査を行います。

里帰り出産

里帰り出産の予約も受け付けております。他院で分娩希望の方の妊婦健診も承ります。

マタニティフィットネスのご案内

当院では、コナミスポーツ様のご協力のもと、経験豊富なプロのインストラクターによるマタニティビクス・マタニティヨガのクラスを開催しています。
スポーツジムで提供されるレッスンと同様、充実した内容のクラスです。

母親学級と産後クラス

当院のクラスは4回シリーズとなります。
1回目は、医師をはじめとする幅広い職種からの情報をお伝えします。2回目・3回目のクラスと産後クラスは、一人の助産師が通しで担当するため、できるだけ、同じ助産師が担当するクラスへのご出席をお勧めしております。
お申し込みについては、妊婦健診時にご案内いたします。

母親学級

  • 第一回 めばえクラス
    産婦人科医師のお話 栄養士のお話 お産の心得について
  • 第二回 あおばクラス
    お産の実際について
  • 第三回 みのりクラス
    母乳育児と産後の身体について

産後クラス

「しいの実サロン」

ジャナス女性ケア外来について

育児相談・母乳相談はもちろんのこと、人間関係の悩みや性に関する問題など、女性であればどなたでも、どんな相談でもすることが出来ます。詳細はジャナス女性ケア外来のページをご覧ください。ご予約は、産婦人科外来でお電話にて承ります。

ジャナス女性ケア外来の母乳相談について

経験豊富なベテラン助産師による乳房マッサージが受けられます。マッサージで、母乳分泌不足、胸が張りすぎて痛いなどの母乳育児中の悩みを解決しましょう。
特にトラブルのない方でも、母乳育児中のお胸のメンテナンスのためにお越しいただくことも歓迎します。

当院 産婦人科病棟の特徴

安全かつ快適な妊娠・分娩を目指して

  • 当科では『安全かつ快適な妊娠・出産』をモットーに、すべての出産をLDR(陣痛室―分娩室―回復室が一体となった個室)で行い、夫(パートナー)の立会いをお勧めしています。
  • お母さんの希望を伺いながら、赤ちゃんとの生活のサポートをさせていただきます。
  • 感染予防の観点から、小学生以下のお子さんが病棟に入ることはご遠慮いただいております。

お産に向けて

  • 万が一、お産前後に体調を崩されたり、持病のある方でも専門の外来を受診することができ、安心してお産に臨むことができます。

入院生活

「いっときも赤ちゃんと離れたくない」「できるだけミルクを使わずに母乳で育てたい」そんなお母さんの願いに対応いたします。看護スタッフがお母さんと赤ちゃんに付き添い、授乳などについてきめこまやかに助言いたします。
また、入院中にお産の疲れをしっかりとることはとても大切です。お母さんが休息を希望されるときは、赤ちゃんのお世話は看護スタッフがさせて頂きますのでご安心ください。しっかり自分の時間を持ち、疲れをとって、退院後の育児へのエネルギーを蓄えましょう。

ご退院後のサポート体制の充実

落ち着いて育児をしていただくために、ご退院後も継続したかかわりをお約束いたします。

① 育児支援担当ナースがいます

どんなご相談でも、すぐにお話を伺うことができるように、毎日1名の看護スタッフ(助産師または看護師)を育児支援担当ナースと位置づけ、配置しました。
ご予約なしの急なご来院であっても、お話をお伺いいたします。
お気軽に何でも(つらいことも、嬉しかったことも)お話にいらしてください。(当院で分娩されているお母様は無料)

② ご退院後3日目ごろに看護スタッフからお電話いたします

ご退院後3-4日がたった時点で、看護スタッフ(助産師または看護師)からお電話させていただきます。ご退院後の様子をお聞かせください。

③ 産後2週間健診を全員におこないます

産後2週間たったところで、赤ちゃんの体重確認などにお越しください。

④ 同じ助産師が母親学級と産後クラスを受け持ちます

当院の母親学級と産後クラスは、基本的に一人の助産師が通しで担当し(第1回めばえクラスを除く)、できるだけ、同じ助産師の担当クラスへのご出席をお勧めしております。顔見知りの助産師を作りましょう。

産婦人科病棟の施設と設備

B棟6階に病棟を設けています。産科専用に設計し、2021年2月に新築いたしました。理念である「安全かつ快適な妊娠・分娩」を実現する施設・設備です。

分娩室(LDR)

当院では陣痛から分娩後まで過ごせるLDRを採用し、3部屋ご用意しております。患者さんのことを第一に考え、ゆったりと過ごしていただける空間を作ってまいります。また、当院の施設は明るく、清潔さを保っております。病院の設備について詳しく知りたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

個室

分娩後、ご希望により個室を選択できます。専用のバス・トイレ付です。

4人部屋

大部屋は4人部屋となり、差額料金の発生する大部屋(1泊4000円)と発生しない大部屋があります。少し広さに違いがございます。
※基本的には面会はデイルームでお願いします。

部屋の機能と差額料金

お部屋の種類個室大部屋A大部屋B
差額(1泊あたり)¥17,000¥4,000なし
専用トイレありなしなし
専用シャワーありなしなし

※大部屋AとBは、お部屋の広さが異なります。

当院の施設と設備

当院は、産婦人科以外にも充実した施設・設備を取り揃えています。

ラウンジ

病棟のある6Fにもラウンジがございます。

診療体制

経験豊富な専門医と助産師がチームを組んで診療にあたっています。医師の経歴は医師紹介ページでご覧ください。

医療関係の方へ(当院への患者さんのご紹介)

  • 妊婦健診も当院で受診される場合は、紹介状のご記載をお願い致します。(外来のご予約は患者さんご自身にお電話で行って頂きます)
  • 妊婦健診は、各医療機関の場合は妊娠19週の妊婦健診までに、下記FAX分娩予約登録票(PDF)をプリント印刷し、必要記載事項をご記入の上、お手数ですが、医療連携室(FAX:03-6428-7511)までFAXの送付をお願い致します。当院での妊婦健診に関しては、患者さんご自身にて、ご予約をお取りして頂きますが、当院受診日までに紹介状をご本人へお渡し頂きますようお願い致します。当院での妊婦健診は、妊娠10週~14週の間に1回、妊娠19~22週の間に1回と32週以降となります。紹介状(診療情報提供書)は採血・細菌検査等の結果用紙、必要時画像フィルム等を同封の上、患者さんへお渡し下さい。

何かご不明点などございましたら、上記時間に産婦人科外来までお電話にて直接お問い合わせ下さい。

Q&A

  • Q.立ち会い分娩はできますか。
    A.生まれてくる赤ちゃんのお父さんのみ立ち会うことが出来ます。
  • Q.無痛分娩はしていますか。
    A.当院では無痛分娩はしておりません。
  • Q.分娩費用はいくらですか。
    A.58万円~となっています。ただし、注射料・手術処置・検査料・薬剤料・部屋代などは別途加算されます。直接支払い制度がご利用いただけます。
    入院費の中にはお産セット(産後パット、産褥ショーツ、モニターバンドなど)、入院セット (シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど)、入院中のパジャマやタオル類、ベビーのおむつ・お尻ふきなど含まれています。
  • Q.面会について教えて下さい。
    A.面会時間は14:00~20:00(土日祝日も同様)となります。陣痛室や分娩室にいる場合は時間の制限なく面会することが可能です。病棟内に入れるのは、赤ちゃんのお父さん、赤ちゃんのご兄弟・ご姉妹(中学生以上の方)に限らせていただきます。ご面会は、デイルームまたは個室の方は室内で行なえます。
  • Q.健診を他の病院で受けることは出来ますか。
    A.可能です。他院にて妊婦健診を受けている方はご予約後、妊娠10週~14週の間に1回、妊娠19週~22週の間に1回受診して下さい。また、32週以降は当院での妊婦健診となります。(受診時には診療情報提供書の持参をお願い致します)。
  • Q.分娩は他の病院を希望しています。妊婦健診のみ行うことは出来ますか。
    A.もちろん可能です。医師・助産師ともに安全・安心なお産が行なえるよう、毎回の妊婦 健診を行なっていきます。助産師からの保健指導やジャナス女性ケア外来を受けられることはもちろん、当院が開催している母親学級やマタニティビクスにもぜひご参加ください。
  • Q.退院後に母乳や育児相談は出来ますか。
    A.ご退院後、2週間健診、1ヶ月健診にそれぞれお越しいただきます。また、ジャナス女性ケア外来にて母乳相談、育児相談、そのほか気持ちが不安定なときや性に関しての悩みなど、女性が抱えるあらゆる悩みについて相談することが出来ます。(完全予約制、3000円/30分 6000円/60分)
  • Q.入院中の生活について教えて下さい。
    A.お母さんのご希望を伺いながら、赤ちゃんとの生活をサポートさせていただきます。看護スタッフがお母さんと赤ちゃんに付き添い、授乳や育児相談などについてきめこまやかに説明させて頂きます。また、お産の疲れをしっかりとることはとても大切です。お母さんが休息を希望されるときは、赤ちゃんのお世話は看護スタッフがさせて頂きますのでご安心ください。
  • Q.育児支援担当ナースって何ですか?
    A.当院では、妊娠中から退院後まで切れ間のない母子ケアを提供するために、毎日「育児支援担当」の看護スタッフ(助産師または看護師)を1名配置しています。ご実家を頼るような気持ちで、どんなことでも遠慮なくご相談ください。気軽におしゃべりに来ていただければと思います。お電話でのご相談も受付けています。(育児支援担当ナースへのご相談は無料です。詳しくは、ご入院時にご説明いたします)