令和2年度 牧田総合病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 25 94 165 251 430 602 941 950 330

当院の2021年度の退院患者様は3,799名となっております。
内訳は60代以上の患者様が中心となっており、80代の患者様が最も多くなりました。
(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 84 19.4 20.5 10.7% 85.8
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 63 15.5 13.0 6.3% 80.9
050130xx9900xx 心不全 41 16.1 17.2 2.4% 87.5
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 34 12.0 9.5 5.9% 79.0
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 33 14.8 11.0 12.1% 76.7

施設入所中の患者様の受け入れも積極的に行っており、
高齢患者様が多数を占める誤嚥性肺炎、心不全(うっ血性心不全など)が上位に入りました。
内視鏡を用いた大腸ポリープ切除手術は日帰り(外来)で受けることも可能です。
(患者様の全身状態によっては経過観察でご入院頂く場合もございます)

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x6xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 化学療法あり 75 3.0 4.5 0.0% 71.8
060040xx99x8xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 化学療法あり 52 2.0 4.2 0.0% 50.4
060035xx99x4xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 化学療法あり 45 2.7 4.6 0.0% 66.1
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 化学療法あり 40 2.6 4.4 0.0% 66.7
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 手術あり 35 5.6 4.9 0.0% 67.9

外科における入院治療は化学療法の患者様が中心となっておりますが、
救急の患者様の受け入れも積極的に行っており、虫垂炎手術は多くは腹腔鏡を用いて行っております。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 10.3
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 4.1

乳癌に対する乳房部分切除、乳房切除(全摘手術)はもちろん、形成外科と協力し乳房切除後の乳房再建手術も行っております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 93 39.1 25.1 23.7% 83.5
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 61 17.0 18.8 1.6% 80.9
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 38 23.9 15.2 26.3% 81.4
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 36 5.8 5.2 0.0% 67.9
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 31 3.8 4.4 0.0% 46.5

高齢者の股関節大腿近位骨折などの入院治療の長期化が予想される病態や疾患では、
牧田リハビリテーション病院の回復期リハビリ病床や本院の地域包括ケア病棟との連携を取り、継続的なリハビリテーション、在宅復帰や施設入所へのサポートを行います。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 45 13.0 8.2 8.9% 67.3
010040x199x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 42 29.6 22.3 73.8% 66.9
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 40 13.7 9.7 15.0% 77.4
010060×2990401 脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満) エダラボンあり 発症前Rankin Scale 0~2 40 10.5 15.6 12.5% 70.7
010060×2990411 脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満) エダラボンあり 副傷病あり発症前Rankin Scale 0~2 38 18.9 17.4 39.5% 75.0

24時間、365日、脳神経外科医が診断、治療を担当し、
頭部外傷やてんかん発作、脳卒中など救急からご入院になる患者様が大多数を占めます。
脳卒中の患者様に対しては、SCU(脳卒中専用集中治療室)での専門的なチーム医療がおこなわれています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 5.3
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 3.1
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 5.8
161000x102x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 分層植皮術 25平方センチメートル未満等 24.4
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術 8.3

顔面損傷や熱傷などの傷、瘢痕や乳がん術後の再建術など、体表近くの手術を行っております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

肛門科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 65 4.6 6.0 0.0% 43.1
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 44 4.1 9.2 0.0% 59.6
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 18 4.4 5.6 0.0% 49.2
080010xxxx0xxx 膿皮症 10 5.9 12.9 0.0% 48.4
060260xx97xxxx 裂肛、肛門狭窄 手術あり 7.3

肛門疾患(いわゆる痔疾患)入院手術が大多数を占めております。
クリニカルパスを用いた入院診療を行っておりますので、平均在院日数は全国平均と比較し短くなっております。
ご入院期間は患者様の全身状態に合わせて、変動する場合がございます。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 2.4
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 6.1
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 9.5
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 6.2
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 9.5

子宮の良性疾患(子宮筋腫など)、女性器のがんや流産などの入院手術も行っております。
また蒲田に移転後から、産科が再開いたしました。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 99 1.8 2.8 0.0% 74.0

白内障手術を目的としたご入院がほぼ100%を占めております。
基本的には一泊二日のクリニカルパスを用いた入院となっており、在院日数が全国平均より短くなっています。
お住まいが病院に近い場合、全身状態に問題がなければ日帰りでの白内障手術も可能です。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 4.9
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 6.7
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 5.6
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 7.5
030460xx01xxxx 中耳・乳様突起の障害 鼓室形成手術 6.7

慢性副鼻腔炎の患者様は、全員手術目的にてご入院されました。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺針生検あり 18 2.0 2.5 0.0% 71.6
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 7.1
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 13.0
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 7.3

最上位の前立腺癌は検査を目的としたご入院の患者様です。
クリニカルパスを使用し、ほとんどの患者が問題なく退院されています。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

脊椎脊髄センター

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 神経ブロックあり 60 2.2 6.5 0.0% 72.5
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 30 11.3 16.1 0.0% 71.7
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 22 14.5 20.4 13.6% 70.4
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脳脊髄腔造影剤使用撮影加算あり 22 2.4 2.7 0.0% 72.2
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 20 19.9 18.8 25.0% 77.5

2017年度に開設した脊椎脊髄センターへは、全国から多くの患者様がご来院頂き、ご入院手術を受けられております。
大多数の患者様は腰部脊柱管狭窄症、次いで頚部脊柱管狭窄症の治療を目的としてご来院されますが、その他ヘルニアの治療や、救急患者様の受け入れも積極的に行っております。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 6.1
060270xx99x0xx 劇症肝炎、急性肝不全、急性肝炎 12.1
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 11.2

出生後に問題が生じた場合、すぐに入院治療が可能です。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 14 11 1 8
大腸癌 33 95 92 157 1 8
乳癌 21 1 8
肺癌 1 8
肝癌 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
2020年度の初発の5大癌患者さまは234名いらっしゃいました。
内訳としては大腸がんが最も多く、次いで胃がん、乳がんとなっております。

当院では早期がん、進行がん、再発例と様々な患者さまに対し、
外科的治療だけでなく抗がん剤治療や術後の検査を患者さま自身のご意向をお聞きしながら行っております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 70 20 83
重症 21 28 87
超重症
不明

重症~超重症の患者様の入院受け入れ、早期退院に努めております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 395 29 73 36
その他 76 13 73 16

脳神経外科は当院が最も力を入れる診療科のひとつであり、医師が駐在しているため救急対応が可能です。
積極的に救急患者の受け入れを行い、医師により適応と判断された場合は、脳梗塞で脳血管に詰まった血栓を溶かし血流を再開させる血栓溶解療法(t-PA療法)が可能です。
急性期治療後は牧田リハビリテーション病院の回復期病床や本院の地域包括ケア病棟との連携を取り、継続的な治療のサポートを行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 1.5 6.9 0.0% 64.2
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 21 1.2 2.7 0.0% 64.0
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 17 0.2 8.1 0.0% 53.5
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 16 0.5 3.3 0.0% 45.8
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 16 1.3 4.1 0.0% 73.8

腹腔鏡を用いた手術を積極的に行っています。
当院では、開腹手術に比べて術後の痛みや傷、ストレスが少ない、内視鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に行っています。
急性虫垂炎、急性胆嚢炎、嵌頓ヘルニア、腸閉塞、消化管穿孔などの緊急手術を24時間体制で受け入れています。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上)

乳がんに対する手術を行っております。
形成外科と協力し、乳房切除後の乳房再建手術も行っております。また、常勤の病理医がおりますので、センチネルリンパ節生検など術中迅速診断が可能です。また良性疾患に対する手術、摘出生検等診断に必要な手術も行います。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術(股) 55 8.0 30.4 23.6% 83.9
K0461 骨折観血的手術(大腿) 52 7.4 25.6 15.4% 83.2
K0821 人工関節置換術(股) 26 6.4 15.5 15.4% 69.2
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 25 3.5 5.3 0.0% 72.7
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 16 1.0 2.4 0.0% 61.6

上位3つはいずれも大腿骨の骨折に対して行う手術となっております。
平均年齢も80歳以上の高齢者であり術後日数が長期化しやすい症例ですが、必要に応じたリハビリテーションを行い在宅復帰へのサポートを行います。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 25 1.5 20.7 12.0% 80.8
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 17 35.3 18.6 58.8% 80.7
K1781 脳血管内手術(1箇所) 11 0.3 20.1 9.1% 66.1
K178-4 経皮的脳血栓回収術
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの)

脳卒中に対するリハビリテーション、在宅復帰や施設入所に向けてのサポートに力を入れております。特に、牧田リハビリテーションへ転院し継続的なリハビリテーションを行う患者様が多いため転院率が高くなっています。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 41 3.6 10.7 4.9% 80.9
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 32 1.6 3.1 3.1% 70.6
K654 内視鏡的消化管止血術 19 2.4 10.3 10.5% 69.7
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 16 13.8 10.3 50.0% 77.9
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 14 5.4 6.8 7.1% 68.8

大腸ポリープに対する手術を始め、多くの手術を内視鏡を用いて行っております。
4位の胃瘻造設術は、脳卒中の後遺症や嚥下機能が低下した患者様に対して行う手術です。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満)
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む)
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
K0153 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(100cm2以上)

眼の周りの手術や、乳がん術後乳房再建も行っております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

肛門科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7462 痔瘻根治手術(複雑なもの) 61 1.0 2.6 0.0% 43.2
K7434 痔核手術(脱肛を含む。)(根治手術) 59 1.0 2.2 0.0% 55.8
K7461 痔瘻根治手術(単純なもの)
K7521 肛門形成手術(肛門狭窄形成手術)
K7501 肛門括約筋形成手術(瘢痕切除又は縫縮によるもの)

痔疾患に対する手術を主に行っています。
手術前検査で判断した合併症のある患者様にも、総合的なフォローをさせて頂いております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開)
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法)
K9091ロ 流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの)

蒲田に移転してから、産科は再開いたしました。
手術が必要な患者さんに対してはストレスが少なく入院期間の短い、腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術を積極的に行っております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 98 0.0 0.8 0.0% 73.9
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)

眼科では主に白内障手術を行っておりますが、眼瞼手術も手掛けております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術)

外来で薬物治療やネブライザー治療など、保存的治療を行っても改善しない場合は、手術治療を行っております。
手術は大学病院と同等の医療支援機器を取り入れて、出血量の少ない、短時間での手術を全身麻酔下に行っております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術

前立腺肥大症や膀胱結石、また膀胱腫瘍などの内視鏡手術も積極的におこなっております。前立腺肥大症に関しては内視鏡手術ができない方には尿道ステントの留置などもおこなっております。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

脊椎脊髄センター

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除) 33 4.6 10.8 12.1% 71.9
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 24 4.7 13.9 25.0% 72.5
K134-4 椎間板内酵素注入療法 15 1.0 1.4 0.0% 52.5
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 13 3.9 15.9 38.5% 77.8
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 11 1.5 7.2 0.0% 63.1

脊椎脊髄センターでは、顕微鏡を用いた低侵襲手術(MIS)で患者様の負担を最小限に抑えています。
回復期リハビリテーション病棟へ転院、ADL向上のためのリハビリテーション、積極的にサポートさせていただいております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 18 0.5%
180010 敗血症 同一 16 0.4%
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.4%
異なる

当院における手術処置の合併症は、人工透析を行うための人工血管に付随する狭窄や閉塞がほとんどです。
腎センターに専門の医師がおり、当院以外で人工透析を行っている患者様も必要に応じた入院手術の対応が可能です。

(患者様が10名以下の項目は「-」で表記してございます)

更新履歴

2021/9/30