外来担当表

午前 小菅 蛭間
午後 辻本 蛭間
診療受付時間
午前9:00~11:50/午後13:30~16:30

診療内容

「国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる」成人は、推計1,000万人を突破し、「可能性を否定できない」予備軍の人は、1,000万人と推計され、合計で約2,000万人にのぼるとされています。
糖尿病の治療が不十分だと眼、腎臓、神経、動脈硬化による虚血性心疾患、脳血管障害などの合併症を発症し、日常生活の質(QOL)が低下したり、死亡したりする危険があります。
糖尿病内科では、血糖コントロールや、糖尿病の合併症にかかわる血圧、脂質代謝、肥満の治療を行い、合併症の進行を予防し、健康な人と変わらない寿命の確保や、QOLの維持を目指して治療を行っております。

特徴・特色

糖尿病を専門とする医師による、外来、入院治療を行っております。糖尿病を主な疾患として受診される患者さんも多いのですが、他の疾患を契機に通院・入院されている患者さんが糖尿病を合併していることも多くなっています。
糖尿病の治療として、栄養指導などの生活指導、内服薬、注射薬による薬物治療による血糖などのコントロールや、合併症の精査、治療が必要になります。総合病院と、関連クリニックとして、栄養指導を行うことができる専門の栄養士が配置されていること、血糖関連の検査を当日中に行うことができること、入院治療、退院後の治療について、継続した治療を行うことができることなどが特徴です。