当センターについて

当院では、救急医療に力をいれており、年間約1万人の救急患者さんを受け入れ、そのうち救急車の患者さんは年間約6000人受け入れております。
蒲田に移転後は、現在の救急医療をさらにバージョンアップし、救急治療室から直結できるように同じフロアに単純X線室、MRI室、CT室、血管造影(DSA)室、小手術室、ECU(救急集中治療室)7床を整備し、ワンフロアでまとめることで、患者さんの移動を最小限にすることができ迅速な治療ができるようになります。


内科、脳神経外科、整形外科、外科の治療が24時間365日体制で対応しており、緊急手術や脳神経外科の血管内治療にも対応できるように体制を整えております。また重症頭部外傷や脊髄損傷の治療にも対応しております。


院内にはECU(救急集中治療室)以外にもSCU(脳卒中ケアユニット)を12床、HCU(ハイケアユニット)を11床整備しており、また手術室も24時間体制で対応していることで救急センターのバックアップ体制も整っています。


今後も地域の方に貢献できるような救急医療を取り組んでいきたいと思います。