CE部とは

臨床工学技士(CE:Clinical Engineer)とは、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業とする医療機器を専門に扱う医療職種です。現在15名の臨床工学技士と1名の事務が在籍しており、医師・看護師や各種の医療技術者とともに、チーム医療の一員として生命維持をサポートしています。当院は救急病院であるため、CE部は24時間365日オンコール体制で業務に対応しています。

業務内容

血液浄化業務

腎センター

急性期の腎不全から慢性期の腎不全の患者さんに穿刺、返血などの臨床業務から、透析患者監視装置の操作、保守、点検、修理または水質管理など様々な業務を行っています。

CRRT

24時間365日対応しています。

アフェレシス療法

エンドトキシン吸着療法、白血球除去療法(GCAP)、腹水濃縮療法、血漿交換の操作など様々な治療に対応しています。

高気圧酸素療法業務

高気圧酸素療法の実施前の説明・問診・実施と一連の全てに関わっています。

手術業務

点検、腹腔鏡下手術における装置の点検・操作、電気メスの点検、MEP術中モニタリングの立ち会いなど行っています。

内視鏡業務・健診内視鏡業務

胃カメラ、大腸カメラ、胆道膵管造影、内視鏡的粘膜下層剥離術などの介助やファイバ洗浄を行っています。

ME機器管理業務

院内における医療機器の保守点検業務を行っています。主に輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、心電図モニタ、低圧持続吸引器、ネブライザー、離床センサなどの中央管理、各種機器のメンテナンスを行っています。

ペースメーカ、SCS、ICM業務

各装置の埋め込み、定期外来でのチェック、術前チェック、緊急時の対応など行っています。

その他の活動

医療機器安全管理

年に数回院内の医療機器を安全に使用できるよう、他部署の職員向けに勉強会を実施しています。また院内で新規医療機器が導入された際も、安全に使用できるよう勉強会を随時行っています。

RSTチーム(呼吸ケアチーム)

院内の医師、看護師、理学療法士と一緒に、人工呼吸器を装着している患者さんの回診を行い人工呼吸器が適切な設定になっているか、安全管理が行われているかの確認し現場のスタッフに提案や提言を行い、より適切な人工呼吸器管理が行われるようサポートしています。

所属学会

日本臨床工学技士会、日本高気圧環境・潜水医学会、日本消化器内視鏡学会、日本血液浄化技術学会

資格

3学会合同呼吸療法認定士、高気圧酸素治療専門技師、臨床高気圧酸素治療装置操作技師、消化器内視鏡技師認定、透析技術認定士、第1種ME技術認定、第2種ME技術認定

実習

臨床工学科学生高気圧酸素実習受け入れ