2021年9月1日 4階 回復期リハビリテーション病棟オープン

当院の回復期リハビリテーション病棟増床のお知らせ

日頃より牧田リハビリテーション病院へ患者様のご紹介とご支援を賜り、誠に有難うございます。

牧田リハビリテーション病院は、これまで60床の回復期リハビリテーション病棟でリハビリテーション診療を行ってまいりました。このたび、リハビリテーション環境の一層の充実を図るため、令和3年9月1日(水)より、回復期リハビリテーション病棟を新たに1病棟(39床)増床し、回復期リハビリテーション病棟99床、療養型病棟60床の病院となりました。
 これからもより一層地域医療に貢献し、皆様のご支援、ご協力を頂きながら、ご期待にそえる様スタッフ一同努力してまいります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

牧田リハビリテーション病院

 院長 猪飼 哲夫

4階病室(4床)

4階デイルーム

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または、大腿骨頸部骨折などの患者さんに対し、ADL(日常生活動作)の向上、寝たきり防止と早期在宅復帰を目的として、リハビリを集中的に行う病棟です。
一日でも早く住み慣れた自宅や地域で生活できるよう、医師・看護師・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカー・他スタッフがチームとなり集中的なリハビリテーションを提供します。

入院期間

患者様個々の病状により入院期間は異なります。出来る限り、早期退院を目標にリハビリを行ってまいります。

病室(4床)

ベッドサイド端末

分院全病室に、ベッドサイド情報端末が完備。上部のピクトグラムでは、当日の検査内容や担当看護師など、患者さんの情報が見られます。

デイルーム

浴室