ご挨拶

牧田総合病院本院は大森から蒲田へ移転し、牧田総合病院蒲田分院は牧田リハビリテーション病院へ名称変更となりました。
旧蒲田分院は、大森の本院に併設されていた、回復期リハビリテーション病棟と医療型療養病棟を分離独立させ移転し、各々60床に増床し、平成25年(2013年)1月に開院した病院であります。

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や大腿骨頸部骨折等の患者様に対して、在宅復帰を目標にリハビリテーション医療を集中的に行うための病棟で、平成12年(2000年)にこの制度が始まりました。平成16年(2004年)に、牧田総合病院が大田区内で初めての回復期リハビリテーション病棟を本院内に設置しました。牧田総合病院の脳卒中センターには年間約400名近くの脳卒中患者が搬送され、継続してリハビリテーション治療が必要な患者様は、回復期リハビリテーション病棟に移ってきます。このため当院の回復期リハビリテーション病棟の80%が脳血管等(脳卒中など)の患者様で、20%が運動器(整形外科)疾患の患者様です。また、入院患者の80%が本院から、20%が他院から転院してくる患者様です。

一方、医療療養型病棟では、気管切開、人工呼吸器を装着されている神経難病など重度の障害を抱えた患者様を、積極的に引き受けています。両病棟とも1フロアー60床で、同じフロアー内にリハビリテーション室、デイルームなども完備し、かなり広々とした病棟です。
訪問診療は、2014年に診療開始。ご自宅や施設へ医師と看護師が訪問し診療をおこなっています。ご自宅や施設で安心して療養できるように365日24時間体制にて対応しており、診療体制の充実、緊急往診・見取りの実績を積み重ね2015年機能強化型在宅療養支援病院となりました。
また牧田リハビリテーション病院では、介護保険を利用した通所リハビリテーションの他に、大森から移転した訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所を併設し、在宅介護の機能が強化されました。
牧田総合病院は急性期医療を行う病院、牧田リハビリテーション病院は回復期、生活期(維持期)、在宅の医療、介護を担う病院として、機能分化を図っています。
回復期、生活期のリハビリテーション医療は、多職種によるチーム医療で進めていく必要があります。安全、安心なリハビリテーション医療と快適な療養生活を送ることが出来るよう、質の高いサービスを提供できるよう努めています。

健診センターが牧田総合病院に統合されたため、牧田リハビリテーション病院の回復期リハビリテーション病棟の病床数は夏以降に増加する予定です。スタッフ一同、意欲と情熱をもち、知識、技術の研鑽をはかり、地域医療に貢献して行きたいと思っています。

院長 猪飼 哲夫

病院概要

病院名社会医療法人財団 仁医会 牧田リハビリテーション病院
病院名(英語)Makita Rehabilitation Hospital
所在地東京都大田区西蒲田4丁目22番1号
TEL03-5748-5020(代表)
FAX03-5748-5060(代表)
創設昭和17年(大森本院)平成25年(蒲田分院)
理事長荒井 好範
院長猪飼 哲夫
病床数120床(回復期60床、医療療養60床)※2021年2月現在

理念・基本方針

牧田リハビリテーション病院 基本方針

社会復帰へのリハビリテーション医療で安心を
家族と暮らせる在宅医療で安心を

患者さんの権利と責務

良質な医療を平等に受ける権利

全ての患者さんは、適切な医療を平等に受ける権利を有します。
最適な医療が当院で提供できない場合には、他の医療機関を紹介される権利を有します。

選択並びに自己決定の権利

全ての患者さんは、十分な説明を受けた後で、治療を受け入れるかどうかを自身で選択し決定する権利を有します。そのためには、他の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求める権利があります。
セカンド・オピニオンをご希望の方は、医師・看護師又は医療福祉相談室(ソーシャルワーカー)へ、ご相談下さい。

十分な説明を受ける権利

全ての患者さんは、医療上の自身に関わる情報(病状、検査、治療内容、今後の見通し等)について理解しやすい言葉や方法で十分な説明を受ける権利を有します。知りたくない情報については、説明を断ることができます。併せて自身の診療記録などの開示を求める権利、医療費の明細と公的援助に関する情報を提供される権利を有します。

人間としての尊厳を重んじられる権利

患者さんの基本的人権とプライバシーの保護は、医療の現場において常に重んじられ厳格に管理をされる権利を有します。

患者さんの責務

患者さんは、医療関係者と力を合わせて医療上の指示を守り、協力する責務があります。
また、全ての患者さんが適切な医療を受けられるよう、病院内での規則やマナーを守り、他の患者様の治療や療養生活に支障をあたえないように配慮する責務があります。
患者さんの宗教的、文化的価値観を尊重し、患者さんの人生が安らぎのある満ち足りたものであるよう、人間としての尊厳が重んじられる医療を職員一同で提供いたします。