ご案内

協会けんぽでは、保険事業の一環として、被保険者を対象とした生活習慣予防健診を行っております。当院健診センターは協会けんぽ(全国健康保険協会)の生活習慣病健康診査実施医療機関です。
当該年度において35歳~74歳の方は、協会けんぽ(全国健康保険協会)指定の生活習慣病健診(一般健診、40・50歳の方は付加健診)をご受診いただけます。乳がん検診や子宮がん検診などの検査も補助の対象になりますので、是非ご利用下さい。

申込方法

協会けんぽの補助を利用した健診を申し込む場合は補助を利用する人・内容を明確にして受診予定者の保険者番号と保険証記号・番号をお知らせください。お申込の際は、保険証が手元にある状態でご予約をお願い致します。

予約電話番号

03-6428-7489

FAX03-6428-7483

予約受付時間

平日8:15~16:00 / 土8:15~12:00 (祝日・日曜除く)
※費用補助は年度内にお一人様一回限り、協会けんぽが健診費用の一部を補助します。
※2020年度より協会けんぽへの申込書提出は不要になりました。医療機関への予約申込のみで受診できます。

協会けんぽ加入事業所用申込書

下記からダウンロードしてください。

生活習慣病予防健診

生活習慣病予防健診では、次のような内容を検査しています。

対象年齢・健診費用

健診の種類 対象年齢 健診費用(自己負担額)
一般健診 35歳~74歳の方 最高7,169円
付加健診 一般健診とセット受診 40歳と50歳の方 最高4,802円
乳がん健診 40歳~74歳の方 偶数年齢の女性の方 50歳以上:最高1,086円
40歳~48歳:最高1,686円
子宮頸がん検診※1 36歳~74歳の方 偶数年齢の女性の方 最高1,039円
子宮頸がん検診(単独受診)※1 20歳~38歳の方 偶数年齢の女性の方 最高1,039円
肝炎ウィルス検査(HCV抗体・HBs抗原) 一般健診とセット受診 過去にC型肝炎ウィルス検査を受けたことがある方は受診できません 最高624円

※1自己採取による検査は実施していません。

差額ドックについて

一般健診・付加健診をご受診いただく方は、協会けんぽの補助額を利用し、差額をご負担いただくことで、当院オリジナル人間ドックコースを受診していただけます。眼底検査、眼圧検査、肺機能検査、腹部超音波検査、血液検査、膵臓機能検査、肝機能や糖代謝の検査など、より詳しい検査が追加され、一般健診と比べるとより詳細な健康診断が可能で、がんの早期発見に有効です。
※新型コロナ感染防止を鑑み肺機能検査の実施を控えさせていただいております。
オリジナル人間ドック(通常38,500円税込)のコースが以下の負担金で受診いただけます。

対象者

一般健診及び付加健診対象者

負担金

一般健診のみ対象 (自己負担額)26,804円税込
一般健診+付加健診対象 (自己負担額)22,003円税込

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)について

協会けんぽ健診コースの胃検査は、基本的に上部消化管X線検査(バリウム)となります。
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)をご希望の場合は、追加負担(3,300円税込)をすることで上部消化管X線検査(バリウム)から上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)へ切替が可能となります。
経口もしくは経鼻検査への変更が可能です。※経口・経鼻の変更に追加料金は発生しません。

健診内容

検査内容 検査項目 一般健診 付加健診 オリジナル
人間ドック
(差額ドック)
診察等 計測(身長・体重・腹囲・BMI)
体脂肪
診察(問診・胸部聴診・腹部診察)
視力・聴力
血圧
血液型 ABO式(初回のみ)
RH(初回のみ)
脂質 総コレステロール
中性脂肪
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
肝機能 GOT・GPT・γ-GT
コリンエステラーゼ
LAP
ALP(アルカリフォスファターゼ)
総ビリルビン・総蛋白・アルブミン
LDH
HBs抗原
膵機能 アミラーゼ
代謝系 空腹時血糖
尿糖
HbA1c
尿酸(血液)
血液一般 ヘマトクリット(HT)・ヘモグロビン(Hb)
赤血球数・白血球数
血小板数
血液像
MCV・MCH・MCHC
尿一般 尿蛋白
潜血
尿沈渣
比重
PH
尿ウロビリノーゲン
腎機能 尿素窒素
クレアチニン
炎症性 CRP
RA
梅毒検査 RPR(梅毒反応検査)
前立腺 PSA(前立腺癌腫瘍マーカー) ●(55才以上) ●(55才以上)
呼吸器系 肺機能検査
胸部Ⅹ線検査(直接撮影) ●側面あり ●側面あり
消化器系 免疫便潜血反応検査(2日法)
胃部Ⅹ線直接撮影(バリウム)
胃内視鏡(胃カメラ) 追加料金3,300円税込でバリウムから胃カメラへ切替
循環器系 心電図検査
眼底検査 眼底検査
腹部検査 腹部超音波検査

※肺機能検査は新型コロナ感染拡大を鑑み実施を見合わせております。