本日おおもり語らいの駅は、『天ぷらランチ』メインはな、なんと!く・る・ま・え・び ♡ (^_-)

車エビを楽しみに、多くの人たちがやってきました。「エビの甘みがすごい!」、「衣がサクサク、これってどうやって揚げるのかしら?」美味しいものを前に、いつものように会話が弾みます。

おおもり語らいの駅ランチの食材を提供してくれているのは、みま~も協賛 「宅配クック123」さん。

『高齢者だけではなく、今後はすべての世代に自分たちの食事を広げたい!そして、個人宅に食事を届けるだけでなく、今後はみんなで食事を食べる楽しみの場も提供したい!』
そんな思いとおおもり語らいの駅の目的がマッチし、タッグを組んでいます。

私たち病院機能だけでこの「場」を取り組んでも医療としての提供しかできない。でも、この病院機能と様々な企業・団体が連携して取り組むことで「場」の可能性が広がり、地域の中に「循環」が生まれる。

私たちがこの「場」で目指しているのはまさしく、地域の「循環」です。